黒椿 授乳中

女性にとって見た目は大問題です。

特に白髪は見た目年齢を一気にアップさせ、不幸せ感まで漂わせてしまいます。

しかも一度白髪になると、もとに戻すためには白髪染めしかありません。

そこで、白髪ケアサプリメントの黒椿を使用すると黒々とした艶やかな髪本来の美しさを取り戻すことができます。

でも、授乳中も黒椿を飲んでも大丈夫でしょうか。

今回はそんなお悩みにお答えします。

授乳中は赤ちゃん中心の生活をおくりましょう

あとから考えると、育児の中で最も充実感を覚えるのが、授乳中です。

妊娠中の赤ちゃんを実感するのはママだけです。

そして、授乳もママの大切な役割であり、悩みの種でもあります。

授乳に追われるだけならまだしも、量が足りているか、ちゃんと飲めているかと心配は尽きません。

気が付くと、鏡に映った自分の姿にビックリすることもあります。

どんな時でも、女性にとって見た目は大切です。

「えっ、だれっ?」

思わず声が出るほど白髪が増えてしまうこともあります。

でも、授乳中は1年間。

最近はちょっと長めの人も多いのですが、離乳食を食べないほぼ完全授乳の時期は5ヵ月未満。

ですから、生後5カ月までは赤ちゃん中心の生活をおくりましょう。

長い人生から見れば一瞬です。

授乳中は大変ですが、最も濃厚に赤ちゃんと接する時間です。

授乳期の白髪対策に白髪染めは避けましょう

では一体、授乳期の白髪対策はどうすればいいのでしょうか。

まず避けていただきたいことは白髪染めです。

白髪染めは髪と頭皮に深刻なダメージを与えます。

健康な状態でも深刻な影響がありますので、出産を経験してホルモンバランスが不安定な時期はとても影響を受けやすくなっています。

また、大人に深刻なダメージを与える白髪染めが頭皮から毛細血管に入った場合、母乳への影響がないとは言い切れません。

ですから、授乳中の白髪染めは、避けた方が賢明です。

赤ちゃんに影響が出てから、時間を巻き戻すことはできません。

ママの食事がストレートに影響を与える授乳期

赤ちゃんが新生児の時に、ママの食事が原因で赤ちゃんに影響を与えることがあります。

例えば、ママがアレルギーの原因になる食品を食べると、赤ちゃんの皮膚炎が悪化することがあります。

ほとんどの赤ちゃんが、生まれてすぐにアレルギー検査を受けることはありません。

皮膚炎などの症状が出て、初めてアレルギーに気が付くことも多くあります。

皮膚炎を発症してから、医師の指示に従ってアレルギーに対する食事も考えていく必要があります。

黒椿の成分に含まれるゴマリグナンはゴマ、ビオチンは大豆、パントテン酸は多くの食品に含まれています。

サプリメントは食品由来の成分であっても、その成分を抽出したものですのでアレルゲンとは異なります。

しかし、特定の成分を濃縮したものですので、母乳を通じて赤ちゃんに入った場合、赤ちゃんにとっては濃度の高い成分が体内に入ることになります。

授乳中はこのリスクを避ける必要があり、それはママにしかできません。

授乳中の黒椿の使用は、事前に医師と薬剤師に相談しましょう

授乳期も白髪ケアをしたい気持ちは理解できます。

白髪染め以外の方法はサプリメントの使用が挙げられます。

黒椿は国内で副作用の報告があった成分は、含まれていません。

もちろん食物アレルギーに関しても食品ではないので報告の対象には含まれません。

でも、赤ちゃんはとても小さくてデリケートです。

今、症状が出なくても成長過程でどんな影響が出てくるかわかりません。

授乳中は産後のママの体の回復期でもあり、ホルモンバランスも不安定な状態です。

授乳中に白髪ケアサプリメントの黒椿を使用する際は、必ず事前に医師と薬剤師に相談しましょう。

>>黒椿の副作用は問題ない?どんな成分が配合してる?

まとめ

いかがでしたか。

白髪ケアサプリメントの黒椿は副作用の報告があった成分は含まれていません。

そして、食物アレルギーの報告もありません。

授乳は離乳食までの5か月間で徐々に量を減らしていきます。

授乳期は本当に短い期間です。

そして、授乳後でも白髪対策は十分間に合います。

黒椿を授乳中に使用する場合は、必ず事前に医師と薬剤師に相談してください。

>>白髪ケアサプリメントの「黒椿」の公式サイトはこちら